電話で予約料金

隠れ猫背を10秒で見つけることができる検査法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。

エーパシ・カイロプラクティックの いのうえひろひとです。

いや、私、猫背じゃないし…

姿勢はイイって言われます。

それ、本当に姿勢良いですか??

姿勢が良いのに座っていて肩こりや腰痛が辛い!というアナタは

ひょっとしたら「隠れ猫背」かもしれませんね。

「胸を張って歩く」のはよいこと、

と思いがちですが、違います。

実は「正しい姿勢」

より胸を張った姿勢は

「隠れ猫背」の一種といわれています。

このような姿勢でいると、首が前に出てしまったり、

骨盤が突き出るようなかたちになることから、

身体のさまざまな部分に負担をかけ、腰やヒザを痛めることがあるのです。

自覚がないことから身体の不調が進んでしまうことも

猫背かどうか確認するには?

気付きにくい「隠れ猫背」かどうかをあらかじめチェックしておくと、

早い段階で姿勢を改善したり、症状が出るまえにケアできますのでおススメです。

簡単なチェックの仕方は、以下のとおりです。

(1)壁のあるところで、30cm程度壁から離れたところに「普段どおりの姿勢で」立ちます。

(2)「普段どおりの姿勢を維持した状態で」壁に接触するまで下がります。

(3)背中やおしりなどが同時につく場合は「正常」です。

(4)どこか一部だけが先に接触する場合は「猫背」。おしりの場合「隠れ猫背」です。

猫背 腰痛 頭痛 肩こり

簡単な方法ですが、正しい姿勢かどうかを確認するのに有効な方法です。

さらにこの方法で壁に接触させたときに、

腰の部分に隙間がありすぎるのも正しくない姿勢=「隠れ猫背」かもしれません。

正しい姿勢以外の姿勢は、腰やヒザなどなんらかの部分に負担をかけることになってしまいますの

で注意しましょう。

小さいころから「正しい姿勢を保つように」

と、言われていたのになぁ。

 

正しい姿勢をとれる、ということは腰痛や肩こりは起きませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。