電話で予約料金

椎間板ヘルニアで座ると痛いなら、この体操がいいよ

エーパシです。

今日も腰痛の方が初めて来られました。

椎間板ヘルニアです、4番と5番の。座っていられない、長時間のドライブの後には立つのに時間がかかる、寝起きで腰が痛い、などなどとっても大変な状態でした。

椎間板ヘルニアは運動すると治りやすいんですよ。

動いている方が楽っ!っていう人がほとんどですけど、別に腹筋すればいいってわけじゃないんですよ。

病院とかで「筋力不足だから支えられていないですよ~」なんて言われたけど腹筋運動なんか痛くてできないと思います。無理しても更に痛めることになるので、まずは痛みをとる体操をお勧めします。

身体を反らす「マッケーンジー体操」がおすすめ

マッケンジー体操っていうのは、身体を反らして腹筋のストレッチと背筋を鍛える体操になります。

また、椎間板の前側にかかっている圧力を減らして、飛び出しているヘルニアを押し込む動きにもなります。

こんな感じで後ろ側に飛び出しているんですけど、これはこの前側の圧が高いんですよ。

ハンバーガーでギュッと握ったら、肉が前に飛び出してくるでしょ?それをイメージしてくれるといいかな~。

運動のやり方

こんな感じでやってね。

なぜ?この反らせる体操がいいのか?

この体操って赤ちゃんがお座りする前にやる動作なんですよ。

生まれたときって仰向け、

そこからうつ伏せになって、

顔を反らして、

腰を反らせて、

お座り、

ハイハイ、

立って、

歩く、

走る…

この順番です。

どうでしょう?アナタはどの段階で痛みが出ますか?

今回は座っていてもキツイってことなので、腰を反らせる体操です。

座っていてもキツいのに歩いて、走ったり、筋トレしたりは応用編の動きになるから難しいわけですよ。

やっぱり基礎に立ち返らないとね。何事も。

Related Post

SNSでもご購読できます。