電話で予約料金

猫背が必ずしも「悪」とは限らない!正しい姿勢と腰痛、肩こりの関係

姿勢矯正専門院の井上です。

いや、姿勢矯正やっている人が

井上
猫背でもいいんじゃない?

って言うのはおかしいでしょ!って方もいるんですけど、

井上
ぶっちゃけ、体がきつくなかったらいいんじゃない?

とも、思っています。

見た目は決して良くないけどね。

現実には腰痛や肩こりの原因が猫背にある方もいれば、猫背でも腰痛や肩こりがない人もいる。この両者の差と正しい姿勢について書いてきます。

痛みの原因は姿勢の悪さ?

僕は初めて施術する方と最初は話をします。

20分はするかな~、爽やかに。

例えば腰が痛いとしたら、きっかけ、いつから?どうしたときに痛いか?逆にどんな時が楽なのか?うちに来る前にどんな治療や対策を行っていたのか?などなど聞きます。そして本題ですが、

井上
痛みの原因って何だと思いますか?
すると大概、
患者さん
体の歪み?姿勢が悪いから?

ってなるんですよね。まぁそう感じているから当院にご予約しているんだろうけど。

猫背だから痛くなるっていうのは半分正解です。猫背=100%悪!と言うわけでもないんですよ。

猫背=悪とは限らない!

普段の姿勢では猫背は悪い姿勢だと認識されていることが多いですが、猫背が必ずしも「悪」とは限らないと考えています。

なんでかって言うと、腰痛に関わらず人間が体を痛める場合は、関節の構造にそぐわない動作が入ったときに起きやすいんです。

簡単に言うと、腰痛だったら、腰の関節にめっちゃ負担がかかっているから痛いってことね。

そして、猫背の姿勢をとると、下を向きやすいんですよ。逆に月を見上げることがしにくいよね?つまり、猫背は下を向きやすい、けど上は向きづらい姿勢。

胸を張ってみると、月は見上げやすくなったけど、下は向きにくいよね?つまり、胸を張った姿勢は上や正面は向きやすいけど、下は向きにくい姿勢でしょ?

猫背が悪いって言うか、猫背に適した動きもあるってことです。草むしりなんて胸張りながらできないっすよね。

※「月が綺麗」については「小室圭 記者会見」で調べてください。今後も使います。

正しい姿勢は個人差もある

そもそも、正しい姿勢は個人差があります。

それを言っちゃあ、お終いよ!

だって、猫背の人が「背筋を伸ばした姿勢」をキープしようとすると辛くない?

逆に背筋が伸びている人が「猫背の姿勢」をするのもしんどいはず。どっちが楽なのか?と言うことね。

本人が楽、と感じる姿勢が正しい姿勢だと思いますよ。だって身体は正直だから!

仰向けで寝るのが楽な人もいれば、

横向きが楽な人、うつ伏せが楽な人、色々いていいと思います。

どれが正解でもないんですよ。楽ならそれでいいと思うけどね。理想はどの姿勢もイケるってことが大切です。

「同じ姿勢」を続けるのは良くない

どんな姿勢でもいいんですけど、あなたの「楽な姿勢」を長時間続けると、腰痛や肩こりを引き起こしやすい。

簡単なテストやると、腕を上下に動かすバンザイを1分間やり続けるよりも、腕を1分間上げっぱなしの方がキツいでしょ?ってことっす。

井上
同じ姿勢を維持することの方が辛くなるんですよ

だから、僕の院の姿勢矯正は動きを良くする整体です。みんなにやってもらう宿題も動かすことばっかりです。

だって動けば楽になるもん。最低限の動きは必要ですよ。動物はみんな動けますからね、あなたも動物のはずなので最低限は動かないとね。私動いているんですけど…っていう方は動き方が悪いか足りていないと思います。

いきなり大きい動きはしなくていいですよ、できるところからやることが大切です。

まとめ

猫背だから絶対悪!というわけではない。猫背には猫背のいいところもある。

ボクサーは試合中みんな猫背じゃん!

良くないのは「楽だなと感じる姿勢」を続けていることです。

動ける体作りの第一歩のお手伝いしますよ。留守電に姿勢を改善したいんです。って入れといてください。

0942653222

 

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。