電話で予約料金

ストレッチでやりがちな2つの間違い

久留米でヨガのネコのポーズ

こんにちは。エーパシです。

デスクワークやお仕事で背中や腰、肩が疲れてくると思います。そんなときにストレッチをやりながら身体が悪くならないようにしている方も多いです。

お家でストレッチは非常に大切なのですが、よくやりがちな2つの間違いがあるのでご紹介します。

ストレッチ本来の目的とは?

ストレッチは硬くなった筋肉をほぐす行為です。この本質を忘れないでくださいね。無理して伸ばしてもいいことなんかなんもないですよ。

ストレッチでやりがちな間違い。その1~反動をつけない~

身体が固かったりすると、勢いでエイッとやったり、手でギシギシ押したり無理矢理伸ばそうとしている人もいます。

それでは意味がありません。筋肉はゴムのような性質を持っていますので、伸ばそうとすれば縮みます。

グイグイ引っ張ろうとすると、戻る力も強いんです。

ですから、ジワーって筋肉の張りを感じる程度でゆっくり呼吸をしてください。

ストレッチでやりがちな間違い。その2~左右同じだけやらない~

身体って左右差があります。あなたも利き手があるし、心臓は左に寄っていると思います。

ですから、筋肉の疲れ方も左右一緒ではないんです。

使いやすい方と、あんまり使っていない方。立っているときに体重をかける方、ボール蹴る足の方。などなど左右差があるので、同じ個所を同じ時間だけやるのはナンセンスです。

左右差を感じていきましょう。

更に詳しくは動画でしゃべっていますのでご覧になってください。

まとめ

ストレッチでは反動をつけないことと、左右同じだけやらない。

この2点を間違えないでくださいね。

どこをストレッチしたらいいか分からないなら専門家に尋ねるといいでしょう。

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。