電話で予約料金

久留米市で整体・カイロをお探しならエーパシへ

久留米市で整体をお探しなら当院におまかせください。
整体といっても色々ありますよね。当院のブログには整体やカイロプラクティック、整骨院などで行われている治療法の説明やどうやったらあなたの不調が治るかを書いております。

二重あごの原因とその対策とは?

二重あごの原因&対策をご存知でしょうか?

s_ago

こんにちは。福岡県久留米市の猫背矯正専門院エーパシ・カイロプラクティックの井上です。

鏡の中の自分の首元が気になったことはありませんか?

たるんでいませんか?

いわゆる「二重あご」ですが、脂肪とたるみが主な原因ですが、これも「猫背」が関係しているんですよ。

こんな人は要注意です!

・普段からパソコンやモニターを凝視している。

・首や肩が常に凝っている。

・姿勢を直してもすぐに疲れてしまう。

・気が付くと猫背になっている。

このような猫背の姿勢になって、首が前に出ている状態になっていると、あごの周辺にある筋肉の働きを妨げることになり、二重あごにつながってしまいます。

タイプ別の猫背

タイプ別の猫背

 

次に「肥満」になることで、皮下脂肪が増えてリンパの流れが悪くなります。

リンパ液に流れが悪くなると、体内の老廃物を体外へ押しですことができなくなってしまいます。すると体内で溜まった老廃物や余計な水分がむくみとなります。老廃物や余計な水分は身体を冷やします。身体は冷えるのを嫌がるため、温めようとして脂肪をつけるのです。お腹に脂肪がつきやすいのは内臓を冷やさないようにしているためです。

最後は「たるみ」によるものです。

普段から筋肉を使っていないと弱くなってしまって、たるみやすくなります。普段からデスクワークでパソコンを操作している指がたるんだりしにくいですよね?
食事をする時に噛む量が減ったり、硬いものを食べなくなったりすると起こりやすくなります。

とくに、口元の筋肉である「オトガイ筋」という筋肉が衰えることが原因の一つです。

b

この筋肉は、スルメやガムなど、食べ物をよく噛んで食べるだけでも鍛えることができます。

よく噛んで食べるということは、二重あごの解消するだけでなく、

・消化を助ける

・あごの関節機能が向上する

・認知症の予防

・ダイエット効果 などの働きもあります。

このように「二重あご」になるには、以上のことが関係しています。

いずれも日頃からのケアが大事です。意識して姿勢を正して、筋肉も使いながら、二重あごが解消できるようにしましょう!

筋肉を使ってますか?

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
久留米市の猫背矯正専門院エーパシ・カイロプラクティックの院長井上です。
ゴールデンウィークに突入しましたが、皆さんはどう過ごされますか?
どこに行っても人が多いから家でまったり。疲れているので家でゴロゴロ。

それもたまにはOKですが、日頃体を動かしてくれる筋肉が衰えるとどんな影響が出るのかご存じですか?s_torening

筋肉量が減ってしまうと、太りやすい体になってしまうのですが、(だからライ〇ップさんは筋トレをするのです)それだけではなく正しい姿勢を保つことができなくなってきます。腰がとんでもなく曲がった老人の方とかは筋肉量が著しく少ない為です。

年齢を重ねていって腰が曲がったり猫背になったりするのは、骨の変形だけではなく、姿勢を保つのに必要な筋肉が失われるからです。

体の筋肉は、基本的には20歳代をピークに年々減少し、70歳代になるとピーク時の3分の2にまで減少するのです。これは皆さん平等です。体質にも左右されますが大体同じです。

筋肉の減少量を平均すると、年間に1%ずつ筋肉が減少していくのです。

でも、これはごく普通の日常生活を送っている人の場合です。

年をとって転んで骨折したのを機に歩けなくなったという話を聞くと思いますが、筋肉を動かさないので急激に筋肉が失われたために起こるのです。

通常の生活での加齢による筋肉の減少率が年間1%ですが、寝たきりの生活になると2日間で1%筋肉量が減少すると言われています。

これは通常の加齢変化の1年分に相当します。

例えば、風邪などで2~3日寝込んだあとに、起きる上がると体がフラフラするのを経験したことがあると思います。

それは風邪によって体力が消耗したということもありますが、筋肉が短期間で失われたために、体を支える力が低下してしまった結果でもあるのです。

筋肉というのは動かさないと驚くほど速いスピードで失われていきます。筋肉を維持するためには、毎日の生活の中で、筋肉に負荷をかけ続けることが必要です。

最近では、手術などで入院した患者さんにも筋力の衰えを防ぐ目的で、早くから歩いたりするようなリハビリを行なうようにしています。

人間の筋肉の7割はおへそから下にあるので、「歩く」というだけでも思っている以上に効率よく筋肉を鍛えることの繋がっているのです。

以上のことから、筋力トレーニングは健康維持のためには必要不可欠のものです。

激しい運動はいりません。適度な運動を継続することが一番のポイントです。

いや、適度な運動量ってどのくらい?という方には「週に150分の運動を行い、そのうち20~30分は激しく体を動かすのがよい」と研究結果で出たそうです。「適度な運動」の「適度」がどのくらいなのか研究で判明

歩くだけでも毎日25分くらいですかね。足りてないなぁ、と思う方は一つの目安にしてくださいね。

急には健康にはなりません。いつまでも健康な体で過ごせるように、今のうちから少しずつ筋肉を鍛えておきましょう (^^)

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

腰痛予防のための運転中の姿勢とは?

こんにちは。昨日はホークス戦を観戦しにヤフオクドームに行ってきました。息子と初の野球観戦を楽しんできました。
残念ながらホークスは負けてしまいましたが、まだまだこれから!当院も今年のホークスのスローガンと同じく「熱男」のごとく熱い情熱を持って施術させていただきます。IMG_4007

さて、今回はヤフオクドームまで車で行ったのですが、車を長時間運転すると意外としんどいですね。特に腰。
行きは1時間程度だったのですが、帰りは駐車場地獄につかまり、ドームから出てくるまで1時間以上かかってしまい野球観戦より疲れた気がします。次回はもう少し離れたところに停めようと熱く誓いました。
普段、座っている仕事もいろいろとあると思いますが、長時間車に乗って運転する仕事(通勤)も大変だと思います。同じような姿勢が続くので腰痛を持っている方が多いです。そこで、運転中の姿勢をチェックしてみましょう。s_ドライブ

①背もたれの角度

背もたれの角度は、90度~100度に調節します。その後、背中だけでなく腰の部分にも隙間ができないように、深く腰掛けるようにするのがポイントです。車のシートが柔らかく沈んでしまうような場合は、お尻が平らになるように、座布団やクッションなどで座面の調節をしましょう。また腰の少し上側、背中あたりに小さなクッションを入れることで、背中にS字カーブを作ることができて、腰に大きな負担をかけずに運転することができます。

②ブレーキペダルまでの距離

シートの位置は、オートマチック車の場合はブレーキペダル、マニュアル車の場合はクラッチペダルを踏み込んだ時に、膝が伸びきらない場所に調節します。

③ハンドルまでの距離

背中にシートをつけた状態でハンドルの上部を握り、肘に少し余裕ができる位置へシートバックも調節します。
この時、背中とシートに隙間ができるようであれば、毛布やバスタオルなどを利用して、しっかりと背中とシートがピッタリとフィットするようにしましょう。

以上のポイントに意識して運転時の姿勢を確認してみましょう。

背もたれにしっかりと上半身をサポートしてもらうことで、ブレーキを踏んでも、上半身が安定していると腰への負担も減少して、運転が楽に感じると思います。

腰痛対策としては、特に背中が丸くならないようにすること、背中にS字カーブを作ること2点が運転時の姿勢で重要だと思います。

その他に、休憩する場合に車の中で楽な姿勢を取る人もいると思われますが、座っている状態のままでは、腰や脚の血流を良くすることはできないので、できるだけ車から降りて血液の流れを良くするように体を動かしましょう。

筋肉は動かさないと固くなってしまう性質があります。 

座っていると、お尻と太ももの裏の筋肉は圧迫された状態になっています。

それだけでも血行不良が起きているんです。

これを長時間運転すると、筋肉は柔軟性を失っていきます。 

このような習慣の積み重ねが、骨盤周りの筋肉を硬直させて、腰痛を起こすことになります。

同じ姿勢が続く時は、適度に体を動かしたり、ストレッチなどで上手に疲労を解消しましょう。

筋肉の張りやだるさがある時は、腰痛が起こるサインです

早めのメンテナンスをおすすめ致します。 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

顎関節と首(頸椎)と猫背の関係

顎関節と頸椎の関係

当店に来店される方で、ときどき「顎関節が痛い」「顎を動かすと音がする」「顎の大きさが左右違う」などの症状をお話になる方がいらっしゃいます。そのような症状をお持ちの方々は頸椎を矯正してあげると症状が収まっていくことが多いので、本日は顎関節と頸椎の関係について考えていきます。

顎関節とはs_TMJ

読んで字のごとく、アゴの関節です。痛みが出たり、開閉時に音がする場合は左右の顎関節が同じような動きが出来ていない(右顎が開きにくかったり、先に開いたり)ことが原因です。誤解されやすいのは、顎関節は顎だけの問題と勘違いされる方が多いのです。マウスピースだけでは改善が難しいでしょう。
確かに顎が左右にブレていることが問題ですが、ではどうしてそうなったのでしょうか?
頬杖?
横向き寝?
噛み癖?
歯ぎしり?
どれも正解ですが、大きな原因は首の歪みです。

簡単な実験

椅子に座りましょう。なるべく平で硬い椅子がいいです。そしてなるべく背筋を伸ばして座ってみてください。
視線は真っ直ぐのままで歯を噛みしめてみると、奥歯の方で強く噛みしめると思います。
次に、姿勢はそのままで首を下に向けます。PCの方は手元を見る感じ、スマホの方はいつもの感じで下を向いた状態で歯を噛みしめます。するとさっきより前側の方で強く噛みしめられませんか?これは頭の位置によって歯列の荷重ポイントがずれるからです。首を右に傾けて噛みしめると右で強く噛めるし、左は左側で噛みしめやすいですよね?

顎関節症と言われる方は、普段、首が左右のどちらかに倒れた状態で過ごしているのです。つまり、顎が歪んでいるのは勿論、首の歪みがあり、肩の高さが左右で違い、骨盤の高さが左右違うことに繋がります。大体そういう方って猫背です。

猫背と顎

タイプ別の猫背

タイプ別の猫背

歯の治療や口腔での病気で一時的に左右のバランスが崩れることはありますが、顎の咬筋はそれだけではバランスは大きく崩れません。顔が前に突き出す猫背の状態だと顎が前に引っ張られるような力が働き、顎関節に痛みや違和感を感じる症状がでてしまいやすいです。

改善していくには、骨盤からしっかりとバランスを整えて、肩の高さの左右差を揃え、首の歪みをとった状態を維持することが大切です。つまり猫背を改善して顎関節の負担を減らしていけば、痛みは緩和していくでしょう。しかし、猫背の改善は胸を張る、ではないのです。胸を張っても辛いだけ。5分もキープできない姿勢は美しく正しい姿勢とは言いません。

正しい姿勢の取り方はコチラの記事からどうぞ。骨盤のゆがみと脚を組むことの関係 更に詳細知りたい方は当店までお気軽にお越しください。

 

椎間板と姿勢の問題

椎間板ヘルニア

久留米の整体、エーパシ・カイロプラクティックです。椎間板ヘルニアって聞いたことある方も多いと思います。腰痛の原因で一番多いと言われています。どういう状態なのか?簡単に言うと腰椎がヘルニアになった状態です。人間の背骨は普通24個の骨と1個の仙骨で形成されています(稀に多い方もいらっしゃいます)。この椎体の間に入っているゼリー状の軟骨が椎間板です。この椎間板がクッションの役目を果たしているおかげで、身体を曲げたり捻ったりできるのです。

椎間板が過剰な圧迫により、脊椎の後方を走っている神経を刺激してしまった場合に足や臀部に痺れや放散痛(坐骨神経痛など)が起こり、 この傷害を椎間板ヘルニアと呼びます。そしてそれが腰椎でおこると腰椎椎間板ヘルニア頸椎では頸椎ヘルニアと呼ばれます。s_heruniahassyou椎間板ヘルニアの原因

以下の原因があげられることが多いですが、科学的な根拠に基づいて解明されていません。

  • 椎間板の老化
  • 骨の老化
  • 姿勢が悪いための過剰な圧力
  • 遺伝
  • 生活習慣からくるもの

このうち、自身でなんとかできて効果が高いものは、椎間板の老化を防ぐことです。

椎間板の栄養補給

椎間板はゼリー状のものであるが故に、水分がとても大切です。お肌と一緒でみずみずしい肌とカサカサの肌では保湿力が違い、疲労度も異なります。この椎間板、20代頃までは血管がつながっていて血管から直接栄養補給が行なわれますが、30代頃になると血管からの栄養補給はなくなり、リンパ液が染み出すことで栄養補給を行うことになります。
加齢によって椎間板変性が起こりやすくなるのは、そのためです。血管による確実で安定した栄養補給がなくなることで水分維持が困難になるのです。

リンパ液を流すには

リンパ管は血管と同じで体中に巡っていますが、血液との大きな差は、「心臓というポンプ」がないことです。血液は寝ても覚めても勝手に身体を巡りますが、リンパ液は筋肉の作用に頼りきっています。よって椎間板に栄養を巡らせるには、正しく背骨を動かさなければいけません。
正しく動かすということは、正しい背骨の状態で動かすということです。いくら運動したからと言って猫背のままや、がに股、内股ですと変に負担がかかり辛くなるでしょう。

どのような運動がいいのか?

ただ、歩いてください。歩行です。人間の身体は二本の足で歩くようにできています。積極的に歩くことで椎間板に栄養補給が行なわれます。それが、椎間板ヘルニアや腰痛や首痛の予防になります。お仕事などで長時間同じ姿勢になることもあると思いますが、そのときは背骨のS字のカーブを意識しましょう。しかし、S字を意識することは胸を張ることではないです。「丹田」を意識してください。丹田についてはこちらの記事を参考にしてください。骨盤の歪みと脚を組むことの関係

また、カイロプラクティックの施術で背骨に動きをつけ、背骨を正しい状態に維持することも椎間板に栄養補給を行い椎間板の水分を保つことにつながります。歩く

いつまでも元気に健康な生活を送るためにも、姿勢に気をつけて積極的な歩行によって椎間板に栄養と水分を補給していきましょう!