電話で予約料金

ハイヒールは履かない方がいいですか?

久留米市の猫背矯正専門院エーパシです。

ハイヒールは履かない方がいいですね。

治療家さんの方なら、言ってあげたことがあるセリフだと思います。

僕も昔はそんな風にお伝えさせてもらうこともありました。しかし、今になって履いてもいいんじゃない?と思うようになりました。

s_highheel

履かないほうがいい理由は、正直、いっぱいあります。。。

ヒールを履いて底屈した足首(かかとが上がっている状態です)は靭帯(アキレス腱など)が機能しにくくなる。

腓骨(ふくらはぎの外側の細い骨)は下に落ち、足首の内反(小指側に体重が乗ってしまうような傾き)がおこりやすくなる。

外旋(外側に回り込むような動き)しながら前方に飛び出した腓骨によって、スネの横の筋肉は外側へ外側へと張り出す。

足首の内反のせいで、外側に逃げやすくなった加重は、脛骨を外旋させ、外倒れが起こりやすくなる。

ヒールを履いて膝をピンピンに伸ばした状態で立つ歩くを繰り返すと、ねじり込み運動によって大腿骨が内旋(内股になる動き)して膝がロック(固まる)する。

膝の靭帯、半月板は負荷に耐えられなくなり、損傷する。

股関節を押さえ込む重要な筋肉が弛み、お尻は垂れ、骨盤は前傾し下腹に力が入らなくなる。よく言う下半身太り。パンツのサイズはウエストで選ぶとお尻でひっかかる!お尻で選ぶとウエストが余る!なんてことに。。。

 

そして、ハイヒールといえば、足の指の伸展。

靭帯にうまくテンションがかからない不安定な足首に対して、反り返った状態で固まった足の指に容赦なくかかるコントロールを失った加重。足裏の指のつけ根に角質がある人は要注意です。

足の指を動かせない環境が、アキレス腱周りの筋肉を緊張させて、足首のくびれはなくなり、むくみが起こりやすくなる。

僕は男でヒールの靴を履く機会がありませんが、ハイヒールを履くと上記のような現象が起きやすくなります。

「だから、やめましょう。」

確かに!身体のことダケを考えると良くないです!

それでも、履いてもいいと伝えています。履いて痛いんなら話は別ですが。。。

ハイヒールを履いても、健康的で美しい足のラインを持っている女性も多いです。ハイヒールの楽しみ方を知っている女性には履いてもらったほうがいい。だってカッコイイですもんね。

でも、やっぱり痛い、とか、問題が出てくるなら、身体の状態を逆算して、

何を矯正したらいいのか?

どこを鍛えたらいいのか?

どんな歩き方を意識すればいいのか?

を考えるていくことが大切ですね。

健康面を考えても、ハイヒールを履ける脚、履けない脚、どちらが良いか?

考えるまでもないですね。

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。