電話で予約料金

寝起きの腰痛を改善する方法

こんにちは。

 

福岡県久留米市で唯一の肋骨矯正を行い、姿勢改善からあなたを本当の健康と美しさに導く整体師

 

いのうえひろひと です。

 

【寝起きで腰痛がするあなたへ】

 

朝起きて、起き上がろうとしたら、あれ?痛ッ!腰が痛い…

なんていうことになっていませんか?

寝る前はそうでもなかったのに…なんででしょう?

その原因は大きく3つあります。

①筋肉が固まっている

 

gundam

こんなにガチガチの動きしかできません…?

 

寝ている間というのは動いていないので、どうしても筋肉は硬くなります。動かない身体はどうなるか…。そうです硬くなりますよね?

つまり、寝起きの状態では腰回り、臀部、股関節回り、太もも裏など、腰を支えるあらゆる筋肉が固まってしまっています。すると血流が悪い状態になりますので痛みが出ます。

寝起きで腰痛がするけど、歩いていると良くなる。というケースは、歩いているうちに固まっていた腰や下半身の筋肉に柔軟性が出て痛みが緩和するのです。 

②精神的に疲れている

youtsu

仕事や人間関係に疲れすぎていませんか?

 

仕事や家族の問題など…ストレスは現代社会において切ってもきれないものです。

このストレスが腰痛や痛みの原因となっていることが多いのです。

痛みの悪循環

なかなか痛みが心配(ストレス)→運動不足(ストレス)→

周囲に理解されない(ストレス)→脳の鎮痛作用が低下→さらに痛い

こんな悪循環に陥っていませんか?ストレスをスッキリさせることも大切です。

③布団が柔らかい

taisaku05

布団が柔らかすぎると腰が沈んでしまいます…

柔らかい布団は気持ちがいいかもしれません。しかし、体の下に敷くマットは高反発のものがいいでしょう。

なぜなら、柔らかい布団で寝ると腰が沈んでしまい負担が大きくなります。さらに寝返りができないので同一姿勢が続くことになり、筋肉も固まってしまい起床時に腰痛になりやすいです。 

 

いかがでしたでしょうか?

この3つのことに当てはまったりしていませんか?

起床時の腰痛に限ったことではありませんが、結果には原因が必ずあります。

痛みが出た、という結果にとらわれ過ぎないように、どうして起きてしまったのかを考えると解決の糸口になりますよ。

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。