電話で予約料金

顎関節と首(頸椎)と猫背の関係

顎関節と頸椎の関係

当店に来店される方で、ときどき「顎関節が痛い」「顎を動かすと音がする」「顎の大きさが左右違う」などの症状をお話になる方がいらっしゃいます。そのような症状をお持ちの方々は頸椎を矯正してあげると症状が収まっていくことが多いので、本日は顎関節と頸椎の関係について考えていきます。

顎関節とはs_TMJ

読んで字のごとく、アゴの関節です。痛みが出たり、開閉時に音がする場合は左右の顎関節が同じような動きが出来ていない(右顎が開きにくかったり、先に開いたり)ことが原因です。誤解されやすいのは、顎関節は顎だけの問題と勘違いされる方が多いのです。マウスピースだけでは改善が難しいでしょう。
確かに顎が左右にブレていることが問題ですが、ではどうしてそうなったのでしょうか?
頬杖?
横向き寝?
噛み癖?
歯ぎしり?
どれも正解ですが、大きな原因は首の歪みです。

簡単な実験

椅子に座りましょう。なるべく平で硬い椅子がいいです。そしてなるべく背筋を伸ばして座ってみてください。
視線は真っ直ぐのままで歯を噛みしめてみると、奥歯の方で強く噛みしめると思います。
次に、姿勢はそのままで首を下に向けます。PCの方は手元を見る感じ、スマホの方はいつもの感じで下を向いた状態で歯を噛みしめます。するとさっきより前側の方で強く噛みしめられませんか?これは頭の位置によって歯列の荷重ポイントがずれるからです。首を右に傾けて噛みしめると右で強く噛めるし、左は左側で噛みしめやすいですよね?

顎関節症と言われる方は、普段、首が左右のどちらかに倒れた状態で過ごしているのです。つまり、顎が歪んでいるのは勿論、首の歪みがあり、肩の高さが左右で違い、骨盤の高さが左右違うことに繋がります。大体そういう方って猫背です。

猫背と顎

タイプ別の猫背

タイプ別の猫背

歯の治療や口腔での病気で一時的に左右のバランスが崩れることはありますが、顎の咬筋はそれだけではバランスは大きく崩れません。顔が前に突き出す猫背の状態だと顎が前に引っ張られるような力が働き、顎関節に痛みや違和感を感じる症状がでてしまいやすいです。

改善していくには、骨盤からしっかりとバランスを整えて、肩の高さの左右差を揃え、首の歪みをとった状態を維持することが大切です。つまり猫背を改善して顎関節の負担を減らしていけば、痛みは緩和していくでしょう。しかし、猫背の改善は胸を張る、ではないのです。胸を張っても辛いだけ。5分もキープできない姿勢は美しく正しい姿勢とは言いません。

正しい姿勢の取り方はコチラの記事からどうぞ。骨盤のゆがみと脚を組むことの関係 更に詳細知りたい方は当店までお気軽にお越しください。

 

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*