電話で予約する場所

筋肉は何歳まで鍛えることができるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。久留米市の整体、猫背矯正専門院エーパシ・カイロプラクティックの井上です。

danbel

筋肉は何歳まで鍛えることができるでしょうか?

筋肉は身体全体のエネルギーの消費量の約4割を占めています。ボディバランスを保つためにも筋肉の強化はかなり重要です。

では、人間の身体は何歳まで筋力トレーニングで鍛えることができるのでしょうか?

結論から言わせていただくと、何歳からでも可能です。

日頃、普通に生活していても筋肉量は約30歳前後をピークにして徐々に減り始めると言われています。スポーツ選手も種目は違えど、25~30歳ぐらいまでが身体としての全盛期が多いです。(活躍するかしないかは別ですよ)

特に、大腿部(太もも)、お尻、お腹、背中は、30歳以降、1年に約1%というペースで減っていくそうです。これが年々続くと基礎代謝が下がり、痩せにくくなる原因です。あのライ〇ップさんもここから鍛えていくそうです。

ですから、最低でも適度なトレーニングというのは必要なことで、30歳を過ぎても筋肉の肥大は可能だと言われているのです。因みに以前ご紹介した適度なトレーニング時間はこちらの記事からどうぞ。筋肉を使ってますか?

40、50,60歳でもきちんとタンパク質の摂取を心がけて負荷を与えれば、筋肉は強化できるのです。

つまり筋肉の強化には年齢はあまり関係ないと言えます。

しかし、だいたい40歳過ぎくらいからは速筋線維の数が減ってきてしまうので、この速筋線維を肥大させておくことで筋肉量の低下を抑えることが大事です。

「速筋」とは、瞬間的に大きな力を出せる瞬発性に優れた筋肉のことです。いざという時のために働く筋肉です。

逆に「遅筋」は、長い時間運動を続ける時に大活躍する筋肉のことで、主に有酸素運動に使われる筋肉です。

なぜ、速筋を鍛えるのかというと、遅筋を使う有酸素運動はいくらトレーニングしても筋肉量は増えないのです。

筋肉を大きくするためには、ウエイトトレーニングのように負荷をかけて「速筋」を鍛えないと筋肉量は増えません。

なので「速筋」を鍛える必要があるのです。

それもできるだけ若い時期から筋力トレーニングをして筋肉量を低下させないことです。

70歳代でも、若い男子より筋肉隆々な方を見かけることがあります。

ですから、動きたいという気持ちがあれば、筋力は回復してくるのです。

そういうことで、若いころに土台を作っておくことは、将来のために大事なことだと思います。

健康のために、日々の生活にトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか?

健康を積み重ねましょうね。

SNSでもご購読できます。